スーパービジョン研修講師(自治体開催)

 この度、主任介護支援専門員研修の新たなテーマとして、スーパービジョンの講義を自治開催の研修で行った。県内では、当事務所が認定社会福祉士向けのスーパービジョンを最初に行ったこともあり、その実践をお知らせできる機会を得てとても喜んで講義の準備をすすめた。

 しかし、準備を進めるにつれ、常々疑問に思ってそのまま置いておいたことが、やはり問題として、行く先をふさぐ形となった。

 スーパービジョンを行う上で重要なものとして、フレーム作りと秘密保持など安全な環境が必要となる。今回のスーパービジョン研修が導入研修なのか、スーパービジョンを教養として学び、いつかのために備えるのかどちらなのだろうとの壁である。

 私としては、スーパービジョンで得るものが大きいとの経験を重ねてきたので、ここはぜひ学びながら、実際に行う基盤をどのように作っていくか言及し、その圏域で実際に推し進めて行けたらとの想いが強くあった。

 今回の受講生は社会福祉士ではなく、主任介護支援専門員である。どこまで初学者が理解可能かと実際の研修資料を圏域の社会福祉士や行政担当者が確認しながらの準備となった。

 介護支援専門員は、関係する領域の様々な基礎資格者が取得する資格であり、そのための共通的基盤は、どうしても基礎資格にひっぱられ、明確なアイデンティティを打ち出すことに難しさがある。どうしても事例を扱う専門職として、事例があれば解こうとする訓練に慣れ、何をする職種か、自分はその資格でどのようにしたいのかとの考える場がなくひたすら実践という姿が介護支援専門員であろう。

 そのため、メタな部分を扱おうとする取り組みには抵抗感や研修の成功イメージを作ることに時間がかかるのではとの懸念が研修担当者にはあった。

 フレームについての理解が研修担当者で進むにつれ、守られた自由な場をどのように作るのか、事業所をまたいだ場合の秘密保持や実際の契約はどのようになっていくのか、SV関係や契約などがどこにも示されていないなかで、大きな課題として共有することとなった。

 実際の研修では、フレームの課題があることを伝えつつ、行う場面や行った場合の効果、実際にどのような技術をSVの場でも使うのかなどワークを加えながら研修し、土惑いながらも、一定の理解を得ることができたと評価している。

 特定事業所加算の会議や事例検討の場など、まさにこれらはSVのスキルを使う場面である。虐待対応専門職チームが動く場面についてもSVそのものである。

 SVは、単に合意形成で済ませられない場で効果的に事例に対応し、その専門職を成長させようとの仕組みがある。

 今回の自治体研修は、先駆的な取り組みとして称賛して終わることができた。この称賛を専門職として生きる人をつなぐ共通のバイアスとして、地域でのSVが展開されていくことを願っているし、今後も協力していきたいと考えている。

 分からないと投げ出さずに真剣に参加して頂いた受講生に感謝し、称賛致します。

スーパービジョンの評価と問診票

認定社会福祉士制度上のスーパービジョン(SV)では、今くらい頃は、1年の評価を行うバイジーが訪れます。年6回のSVと事前面談、そして今回の評価の面談と実際には8回バイジーとお会いするわけですが、認定に提出する一連の書類が一年分整ったとの安堵感と一年やり通したとの達成感が言葉には無くても伝わって来ます。

この評価は、1号様式というソーシャルワーカーとしての実践でやれていること、やれていないことのスケーリングとその具体的状況を記載するシートの変化を見ていくものですが、当初は訳が分からないとの1号様式でも、毎回のSVの中でどこを扱ったのか確認する作業により、評価時にはなじみのシートになっているという状況です。そのため、事後評価は書けている様子があり、スケーリングのレベルが下がったとしても、なぜ下がったかの説明をうまく書いて頂くなど、自分のためのシートとして使える方が増えたとの印象です。

わたしは、様式を丁寧に使い、そこになぜそうなのかとの考えや思いも入れてもらうことにしています。それによりジレンマやなぜやれていないのかのカギが共有できるとの視点を持ち、SVで扱っています。併せて、バイジーがしっかりできるようになればすぐにバイザーに成れるとの考えを持ち、バイジーにはのちのちにバイザーに成るように関わって、同様の視点ももってもらえるように対話しています。

規定の様式の他に、わたしはスーパービジョン問診票というシートをつかっています。これは、SVがバイザーのものであったり、バイジーにとって有益ではない内容となることを予防するため、なにより、ほかで語ることが無い専門職としての想いを丁寧に扱うために設けています。シートはなりたいSW像や嫌なSW像といった当初の想いを記述してもらう項目と、業務外での不安など背景を捉える項目、今日の疲労度や今日のSVの満足度というスケーリングとなぜがとの詳細欄から成ります。

当初は、書きなれない内容に戸惑われる様子もありますが、想いのままに書かれ、その開示された内容について深い想いを共有します。SWは機械でも道具でもありません。その個人の価値観とSWとしての価値観を併せ持つことでの悩みや支障を抱えて実践しています。SVはカウンセリングではありませんが、1号による柱を維持しながら、行動の源となる想いを取り上げなければ、有益なSVにはならないとの実感をもっています。

問診票に書かれた、SVの満足度とその理由など、バイザーへの通信簿を丁寧に拝見しながら、これからも続いていくSVに向かっていきたいと思っています。

認定社会福祉士スーパーバイザー登録更新

早いもので、東京で社会人学生として学びながら認定社会福祉士を取得し、その翌年から手探りで開始したスーパーバイザーも有効期間が満了し、登録更新となった。スーパービジョンをスーパービジョン論としてみた場合には、それはまさに実学と言え、技術と知識を活用する専門職の生きるための総合力を問うものである。実際のSVでは、クライエントの存在をいつも傍らに置き、いかに良質な支援を行うか、そうなるための姿勢とはどんなものか、専門職として生きる個人としての感情や背景への対処はどうあるべきかなど、社会福祉士が社会福祉士であり続けるための問いを協働で行っている。「時間が無いから」、「学びより実践あるのみ」とSVをさける人がいる。初年度のSVは手順を飲みこむために、またバイザーとの関係を意識しすぎるなど夢中であることが多いと思われるが、その段階を超えると、本当に自分のためにある特別な時間の意義を深く実感でき、共に決めた目標を達成するためにどのように時間を進めて行くか、視界が徐々に開けていく感覚を味わうことができると思う。またSVを行うことにより苦手で自分には関係ないと多くのひとが考えがちのSW理論の実用もさまざま取り組めている。ぜひとも、最初は首をかしげながらでもSVに足を踏み入れ、資格のアイデンティティとはどんなことかなど、そこでしかできない対話を味わって欲しいと思う。

10月よりSVルームを移転します。

私自身の利便性を優先してしまったのですが、10月より自宅近くにSV室を移動します。

現在バイジーとしてお越しいただいている方々にはご不便をおかけして申し訳ございません。勾当台公園駅と仙台駅どちらからでも徒歩15分程度の立地となりました。

また、SVルームに併存している写真療法のスペースも、車いすを利用の対象者がこれまでおひとりで、セッションの場所もSVルームでなくともよい常況となっておりましたので、今回はエレベーターの無い建物となりました。

状況により、今後も変わることも考えられますが、今までご利用のかたも、これから新たにお越し頂く方も、どうぞお気軽に、宜しくお願い致します。

目印はホテル白萩(結婚式をしたというかたもいらっしゃいましたが)の並び、宮町通りに向ったところとなります。駐車場はコインパーキングをご利用下さい。

社会福祉士のアイデンティティ

現在、数名のかたへ認定社会福祉士制度上のスーパービジョンを受け持たせて頂いているのですが、対話のなかで意外な共通項が垣間見られています。

それは、職場の役割としての業務と社会福祉士資格のスキルの不一致という考えです。業務が定型化が進みすぎている、上長が福祉職でなく話がしにくいなど環境は様々ですが、目の前にある仕事を黙々とこなすことが自分の役割と考えるようにしているようです。

この状況が認定社会福祉士の広がりや、職能団体の組織率につながっているのではないでしょうか。

認定社会福祉士取得者の役割として、普及啓発の一端をになっているわけですが、私としましては、SVのなかで丁寧に専門職のアイデンティティや理論等の実践活用の促進など、不一致の解消に注力しております。

社会福祉士会等職能団体未加入の方もSVを実施しておりますので、興味のあるかたはご連絡下さい。

認定社会福祉士制度上のスーパービジョン行っています。

認定社会福祉士を目指している方、業務上の評価や根拠の確認等を一人では行えないとしているを方中心にスーパービジョンを行っております。

希望になるべく沿った時間に設定するなど、忙しいバイジーの状況に配慮しております。

東京社会福祉士会のスーパーバイザー養成研修に講師として参加したノウハウ、スーパーバイザーフォローアップ研修参加など、知識の刷新に心がけております。

まずはスーパービジョンに慣れるところから始めましょう。

ご希望のかたは、お問合せからどうぞお願いいたします。

 

 

 

仙台市本町に後見事務所、SVルームを開設しました!

成年後見人等として明確な姿勢で、本人にしっかり寄り添い、支援することを目的に後見事務所を開設いたしました。随時対応、考えやそのかたの物語に価値を置いた支援を心がけております。また、認定社会福祉士制度上のスーパーバイザーとして、事務所にスーパービジョン室を設け、専門職同士意義のある対話の時間を持ちたいと考えております。お気軽にお声がけください。 齊藤栄樹